妊娠中期

妊娠中期

妊娠16週目の安定期からを、妊娠中期と言います。

妊娠中期には、食欲もだいぶ出てきて胎動も感じることが多くなるようです。
胎盤も完璧に完成するので流産などの心配もなくなるのが『妊娠中期』です。

妊娠5ヶ月目のときに、「戌の日」というものがあります。

戌の日というのは、安産になるために妊娠5ヶ月目に腹帯やさらしを巻くのです。
大きくなっていくお腹を支える役目も果たすので、妊娠5ヶ月目になったら是非使用することをお勧めします。

妊娠中期に入るとおなかの大きさが目立ってくるようになります。

お腹を圧迫するような服ではなく、ゆったりとした楽な服を着ると良いでしょう。

また、安定期に入ったからといって油断してヒールなどは履くのを避けてください。

お腹の中に大切な赤ちゃんがいるのですから、ちゃんと自覚を持ちましょう。
転んだりして、お腹を打ち付けてしまって流産してしまう可能性もあります。
妊娠しているとどうしても足元が不安定になるので、ヒールのない靴を履くことをお勧めします。

妊娠中期の時に注意しておきたいことがあります。
それは、『鉄欠乏性貧血』です。
妊娠20週目を過ぎた時に血液循環量が急激に増えるので貧血を起こすお母さんが多いようです。

鉄欠乏性貧血を防ぐためには、鉄分を多く含む食べ物を食べることです。
鉄分を多く含んだ食品は、大豆・レバー・ほうれん草・かぼちゃ・牛肉の赤身やいわしです。
このような食品を、妊娠中期には特に多く食べましょう。

安定期になってもいろいろ気をつけることがありますね。

2012年5月26日|

カテゴリー:妊娠中期