切迫流産

切迫流産

妊娠したからといって、誰もが順調に出産までたどりつけるというわけではありません。

妊娠には危険も多くあるのです。

その中で1番多いのが、流産です。

今では、流産の確立は15パーセント程で100人のうち20人の方が流産をしているのです。
結構多いように感じますね。

流産は、妊娠初期の時に起こることが多いです。
もちろん妊娠初期の時に激しい運動やお腹を圧迫するようなことがあると流産の確立も高くなるのです。
しかし、実は流産の原因の多くは、染色体の異常でなるものなのです。

流産の種類にも色々あるのをご存知でしょうか?

多くは、切迫流産です。

切迫流産とは妊娠初期の12週未満に多いものです。
「流産してしまった」という意味ではなく、「流産しかかっている」という意味なのです。
切迫流産の症状としては、ピンクがかった出血や茶褐色の出血が出ます。
茶褐色の出血は、時間が経ったものと言われています。

また、もう一つの症状は下腹部の痛みが出ます。
切迫流産の危険性がある方の多くが下腹部の痛みを訴えているようです。

妊娠初期の時には下腹部の痛みや、出血することはまずありません。
もしこのような症状が出たら、すぐに産婦人科で診察を受けることをお勧めします。

切迫流産を防ぐには、とにかく安静にすることなのです。
妊娠初期に起こることなので、薬などはもちろん使えません。
胎児がとても危険な状態だと入院しなければならないこともあるのです。

妊娠初期は無理をしないことが1番です。

切迫流産と診断されても、すべての人が流産してしまうわけではないので安静にしていましょう。
とにかく心配してばかりでも仕方ないので、見守るしかないですね。

2012年5月24日|

カテゴリー:妊娠