腹帯

腹帯

妊娠5ヶ月頃から、『腹帯(ふくたい)』というものを付けます。

これは、下腹部の保温のためと、大きくなったおなかを支えて胎児を安定させる役割があります。

腹帯は、適切につけられていなかったり、きつく締めすぎると、下半身の血行が悪くなって、むくみの原因になります。

腹帯の付け方

1.さらし木綿を二つ折りにします。

2.折り山が下にくるようにして左から右へおなかにあてます。

3.巻き始めの耳を出しておいて、ぎゅっと緩まないように一巻きします。

4.二巻き目をするときに、3の出しておいた巻き始めの耳を折り返し、ずれにようにして巻き込みます。

5.三巻き目は、中央で折り返して巻きます。

6.以後、中央や端で布を適宜折り返しながら、巻いていきます。巻き終わりがピンで留めやすいところにくるように調節します。

7.指2本の余裕を持たせて巻き上げ、ピンで留めます。

腹帯は、通気性がよく、洗濯ができるものを選び、いつも清潔に保つことが大切です。

妊娠中の衣服の基本は、1.清潔であること、2.保温性が高いこと、3.動きやすくて軽いことです。

妊娠中は新陳代謝が盛んになり、おりものも増えます。汗もかきますから、入浴で体を清潔に保つと一方で、下着は吸湿性にすぐれて刺激の少ない綿製のものが良いでしょう。

はきものは、安定性や腰への負担も考え、ヒールの低い靴にします。3センチメートル程度の高さが適切でしょう。つっかけサンダルや、ヒールの高いものなどは転倒しやすく、危険です。

2012年7月 1日|

カテゴリー:妊娠