人工妊娠中絶

人工妊娠中絶

人工妊娠中絶とは、人工的な手段で流産させてしまうことです。

日本では、『母体保護法』という法律によって中絶を行う条件が決められているのです。

経済的に育てていけなかったり、母体に何かしらの理由があった場合。
そして、レイプや自分が望まない性行為で妊娠してしまった場合です。

人工妊娠中絶は、赤ちゃんが外で生きていくことができる妊娠22週目以降は中絶を行えません。

今の時代は、何も計画せずに自分本位で性行為を行う人が増えています。
中学生の妊娠・誰とでもセックスをしてしまうことや避妊を行わないなどです。

妊娠してしまって、自分では育てていけないからといって簡単に中絶するのはよくありません。

お腹の中に命が宿っているのですから、それを殺してしまうことですのでこれは人殺しと同じですよ。
妊娠してしまうと困るという人は、必ず避妊をすることです。

10代での人工妊娠中絶は約4万件・20代では約14万件・30代では約11万件となっています。
軽々しく中絶をした場合でも、中絶した後の女性は必ず罪悪感や自己嫌悪に陥ることになります・・。

男性側も、中絶をした女性がどんなに辛いかわかってあげることも大切だと思います。
必ず心のケアをしてあげてください。

人工妊娠中絶をした人は、必ず水子供養をしましょう。
水子とは、流産・死産・中絶などで産まれてくることのできなかった赤ちゃんのことを言います。
水子供養のお寺で供養してあげたり、自宅でお菓子をお供えしてあげるのも良いでしょう。

望まない妊娠の原因は色々ありますが、自分の責任での中絶は最も良くないことですから必ず避妊をするようにしてください。

私のお知り合いでも親の大反対で赤ちゃんを生みたくても生めなかった人がいらっしゃいます。
やはり、非常に後悔しているようです。

誰しも軽い気持ちで中絶を行うわけではないと思いますが、できるだけ避けていただきたいものです。

2012年6月17日|

カテゴリー:妊娠