妊娠中の仕事

妊娠中の仕事

今の時代、結婚しても働いている女性は多いですよね。
しかし、妊娠してしまった時仕事はどうすれば良いのか悩みますよね。

妊娠しても現在の仕事は、力仕事などのハードな仕事以外はすぐに辞める必要はありません。

妊娠した場合は産休が貰えますし、今の時代出産した女性の職場復帰は少なくありません。

妊娠初期の場合には、できるだけ早く上司に言うべきでしょう。
初期になるとつわりも始まる方が多いですし、仕事に集中もできなくなります。

また、妊娠した方で心配な職種はパソコンを使うお仕事です。

パソコンの画面から出る放射線(電磁波)の量は、ごく少量なのでお腹の中の赤ちゃんに影響することはほとんどありません。

ただ、ずっと同じ体勢でいたり、目が疲れたり、肩がこったりする場合は途中で休憩を入れると良いでしょう。

妊娠中の仕事の長時間の勤務や力仕事をしている方は早産の危険性もあるので早めに産休を取ることをおすすめします。

妊娠中に産休する方は、社会保険に加入していれば産休中の給料60%が支給されます。
しかし、適用されるのは産休してから6ヶ月以内に出産した方のみで、国民健康保険に加入している方は支給されません。

妊娠していると、どうしても自分の思い通りに仕事ができません。
また、お腹の中に赤ちゃんがいるので疲れやすく集中もできなくなるでしょう。
そのような場合やつわりが始まった場合には、早めに産休を貰うか仕事を退職するのが良いでしょう。

妊娠中は、自分一人だけの体ではないので無理をしてはいけません。
体に差し支えないよう仕事をするのが良いでしょう。

妊娠8ヶ月くらいまで働く方も多いようですが、お金がもったいないからと言って無理をせずにできるだけ早く退職するというのも良い決断かもしれませんね。

2012年6月13日|

カテゴリー:妊娠