胎動

胎動

胎動とは、妊娠中にお腹の中の赤ちゃんが動きまわるのを感じることです。

妊娠中の喜びの一つとも言えますね。

早い人ですと、妊娠初期から胎動を感じるようです。
ほとんどの人は、妊娠中期になると胎動を感じます。

胎動は、お腹の中で赤ちゃんが元気に育っているという、お母さんへのメッセージでもあるのではないでしょうか。

妊娠5ヶ月頃の胎動は、お腹の中が「ポコ・コロコロ」といった感じなので気づかないお母さんも多いようです。

この頃から胎動を感じるようになるのですが、始めの頃は腸が動いたような感じでわかりづらいのです。

妊娠6ヶ月目になると、お腹の中の赤ちゃんは活発になっていきます。

外からの音も赤ちゃんに聞こえるようになるので、音楽に合わせて動いたりすることもあるのです。

7ヶ月目になると、他の人がお腹を触っても胎動を感じられるようになります。

お腹の中の赤ちゃんも定期的に動きます。
また、外見から見てお腹がボコッと動くのがわかるようにもなるのです。

妊娠8ヶ月目になると、中期の頃に比べると胎動は少なくなります。

その分、赤ちゃんが成長しているので蹴る力が強くなります。

9ヶ月目には、赤ちゃんもだいぶ大きくなるので動き回れず、胎動を感じる回数が減ります。

体勢を変えたり、手足を伸ばしたりするときに胎動が少し感じるのです。

妊娠中期になると、赤ちゃんも外の音に反応するのでお母さんも話しかけてあげてください。
音楽を聞かせてあげたり、話しかけてあげることで、お腹の中の赤ちゃんも反応してくれるんです。

胎動の強さや弱さは人それぞれなので、あまり胎動が感じられなくても心配ないでしょう。

今まで継続的に胎動を感じていたのに、いきなり全く感じられなくなった場合は産婦人科で診察を受けるようにしましょう。

胎動を感じる時、お母さんはどんな気持ちなのでしょう。
男では感じることができないのでうらやましいですね。

2012年6月 7日|

カテゴリー:妊娠