妊娠中毒症

妊娠中毒症

妊娠後期の8ヶ月あたりから症状が出てくるのが、『妊娠中毒症』です。

原因は未だ解明されていませんが、高血圧や糖尿病・腎臓病にかかったことがある方に多いそうです。

妊娠中毒症は、妊娠中にしか起こらないことで出産を終えれば治ります。

妊娠中毒症の症状は、浮腫・尿たんぱく・高血圧です。
体重増加も原因の一つになります。
体重の増加は1週間に500グラム程度が1番良いでしょう。

『浮腫』というのはむくみの1つです。
まぶたが腫れぼったかったり、靴が履きにくい、足を指で押すとなかなか跡が消えないなど・・・。
この症状が毎日続くようなら浮腫の可能性がありますので注意した方が良いでしょう。

そして尿たんぱく。
これは、普段健康な状態なら含まれないタンパクが漏れてしまい、尿と一緒に排出されることです。
妊娠中の血圧は通常、安静な状態で最高血圧100~130Hg、最低血圧は60~80Hgなのです。
最高血圧が140Hg以上で最低血圧が90Hg以上になると高血圧と診断されます。

妊娠中毒症にかかりやすいのは、高齢出産の方と18歳以下での出産される方に多いのです。

高齢出産になると、どうしても高血圧や糖尿病が出てきます。
そのため、一番妊娠中毒症になりやすいと言われているのです。
また、出産経験のある方で前回に妊娠中毒症と診断されると次に妊娠した時も診断されやすいです。

妊娠中毒症にならないためにも、日々の食生活に気を付けるが大切です。
塩分・糖分の取りすぎや偏った食事、ジャンクフードやインスタント食品はできるだけ避けるようにしましょう。
重症の方ですと、普通分娩ができなくなり帝王切開になることが多いそうです。

妊婦さんは食べたいものを食べるということもだめなんですね。

でも、タバコやジャンクフードはやはり体に悪いんだなと改めて感じますね・・

2012年6月 1日|

カテゴリー:妊娠