子宮外妊娠

子宮外妊娠

『子宮外妊娠』とは、簡単に言うと子宮の外側で受精卵が着床してしまうことです。

受精卵が、卵管や卵巣・腹腔に着床してしまうことがあります。これを子宮外妊娠と言います。

子宮外妊娠のほとんどが卵管で着床してしまい、妊娠した女性の0.6%~0.7%の割合で起こると言われています。

このようなことが起こる原因ははっきりとはわかっておりませんが、いくつか考えられます。
その原因をあげてみましょう。

子宮外妊娠になりやすい人は卵管狭かったり、受精卵を子宮の内膜まで届ける機能が弱かったり、受精卵自体に問題があることが原因とあげられています。

子宮外妊娠は、初期の頃の通常妊娠と症状が同じなのです。
妊娠検査薬で陽性の反応が出るのです。

しかし、妊娠検査薬で陽性反応が出ているからといって、産婦人科での診察になかなか行かなかった場合、お母さんの命に危険があることがあります。

子宮外妊娠に気づかなかったり診察を遅らせていると、赤ちゃんは流産してしまいます。
正常な妊娠ではないのですから、卵管が細く赤ちゃんが成長出来なくなってしまい流産してしまうケースが最も多いのです。

そのせいで、着床した部分が破裂してしまうのです。
卵管が破裂した場合、膣からの出血がなく卵管で出血した血が内部に溜まってしまい下腹部に激しい痛みが走ります。

また、血圧が低下しショック状態に陥ってしまうのです。

子宮外妊娠をした場合は手術で着床した部分を取り除きますが、女性には卵管が2つあるので、不妊症の心配はありません。

妊娠をしたら、自分で判断せずに必ず産婦人科で診てもらうほうが安心です。
下腹部の痛みなどがなくても必ず診察を早めに受けることをお勧めします。

妊娠したらやはりまず受診することが大切なのですね。

2012年5月31日|

カテゴリー:妊娠