妊娠中の喫煙

妊娠中の喫煙

妊娠中の喫煙は、良いことではありません。

今の時代は、女性が喫煙するのも少ないことではありません。

妊娠中は、お母さんが食べた物や飲み物など全てがお腹の中の赤ちゃんに流れていってしまいます。

ニコチンは血管を収縮させる作用があるので、お母さんの血管を細くしてしまいます。
そのため、お母さんの血液中の酸素が不足してしまい、赤ちゃんにも酸素を送ることができなくなってしまうのです。

では、妊娠中に喫煙をするとどうなるのか?
早産と流産の確立が高くなります。

もちろん喫煙していた妊婦さん全員がそうなるわけではありませんが、可能性が高いのは確かです。
また、出産時に低体重児が産まれてきたり子宮内胎児発育遅延(IUGR)の原因になる場合もあります。

産婦人科の先生に聞くと、「絶対に良くない」と言う方と「数本なら大丈夫」と言う意見に分かれます。

「数本なら大丈夫」と言う先生は、禁煙をすることによってストレスによる害を心配することからです。

妊娠中はストレスを感じることが良くありません。喫煙したことによってストレスを感じ、胎児に影響してはならないのです。

だからといって喫煙しても良いと言う意味でもありません。
1日に3本など本数を決めて、最終的に禁煙できることが理想ですね。

妊娠中の喫煙には危険も一杯ですが、出産後も赤ちゃんに危険が生じるのをご存知でしょうか?
出産時に異常がなくても、出産後に『乳幼児突然死症候群』が起こる可能性もあるのです。
妊娠中の喫煙で乳幼児突然死症候群の発生リスクが高くなっているのです。
また小学校に行く年代になると、学力の低下と身長が低いという例もあります。

このようなことにならないためにも、妊娠中の喫煙は控えた方が良いでしょう。
子供の将来と健康のためと思って、是非禁煙することをお勧めします。

私も奥さんもタバコは以前は吸っていましたがやめましたので、これに関しては大丈夫ですね。

2012年5月27日|

カテゴリー:妊娠中にしてはいけないこと