妊娠中はお酒を飲んでも良いのか?

妊娠中はお酒を飲んでも良いのか?

妊娠中の飲酒は良いことではありません。

妊娠中にお酒を飲んで、お母さんが酔っ払うとお腹の中の赤ちゃんも酔っ払っている状態になってしまうのをご存知ですか?

お腹の中の赤ちゃんは、まだ肝臓が未熟でありアルコールを代謝する能力がないのでお母さんよりも酔った状態になってしまうのです。

妊娠中の飲酒によって、産まれてきた赤ちゃんは「胎児アルコール症候群」と診断される危険性もあります。

では、胎児アルコール症候群というのはどういったものなのか。
多くは、発育不全です。
低体重児の割合が高く、妊娠中に喫煙していた場合の症状と同じです。
お腹の中の赤ちゃんにとって、アルコールやタバコに染められた子宮の中は居心地が悪いので子宮の中での成長を拒むのです。

他の症状としては、知的障害・行動障害・学習障害などがあります。
また、小頭症や特異的な顔つきの赤ちゃんが産まれてくる可能性が高いのです。
大人が飲酒する場合は、自分でアルコールを代謝できる力がありますが、赤ちゃんにはないので障害が残ってしまうという事です。

妊娠中の飲酒は、少量でも毎日飲んでいると障害を持った赤ちゃんが産まれる可能性があります。
お酒が大好きでやめられないという人でも、絶対に禁酒することをお勧めします。

妊娠に気付く前に、大量にアルコールを摂取していた場合には問題はありません。
しかし「妊娠したかな?」とちょっとでも不安があるようならお酒を止めたほうが良いでしょう。

お腹の中の赤ちゃんに何かあってからでは遅いのです。後悔してもしきれないでしょう。
妊娠中の飲酒は、お父さんにも協力してもらって止めるのが1番ですね。

お酒はなぜお酒を飲んではいけないのか良くわかりました。

2012年6月 9日|

カテゴリー:妊娠中にしてはいけないこと