妊娠中はセックスしても良いのか?

妊娠中はセックスしても良いのか?

妊娠中のセックスは、母体と赤ちゃんに負担がかかることがあります。

できれば避けた方が良いのは、妊娠初期と早産しやすい24週~27週です。

この時期はお腹が圧迫するので、ご主人はちょっと我慢して奥さんの体をいたわってあげてください。

また、「妊娠してるんだからコンドームは着けなくても良いだろう」という考えは間違っています。

確かにコンドームをしないでセックスをしても赤ちゃんはできませんが、妊娠しているということを忘れてはいけません。
精液には、子宮を収縮させるホルモンが入っているので、コンドームを必ずつけましょう。
また、コンドームを着けないことによって膣内に細菌が入ったら大変ですので気をつけてください。

妊娠してから、女性の方の多くはセックスをしたくなくなるようです。

妊娠初期になると、性的関心が減退します。
そして妊娠中期に入ると高揚し、後期に入るとまた減退する傾向があるようです。

妊娠初期には、つわりや倦怠感・乳房の痛みなどで全然そのような気持ちにはなれないようです。

中期に入る頃には、つわりも治まり気持ちに余裕ができるので性的な関心が出てくる人も多いのです。

お腹が大きくなっている後期では、出産への緊張や痛み・不快感から減退するのです。
後期に入ると、赤ちゃんも中期より下がってきているので、セックスはやめた方が良いですね。
破水や早産の危険も出てきてしまいます。

妊娠中のセックスによって出血したり、破水してしまったらすぐに病院へ行きましょう。
また、切迫早産の危険性があったり前置胎盤だと妊娠中のセックスは制限されるでしょう。

奥さんからご主人に、妊娠中のセックスはどういったものなのか話しておくことをお勧めします。

このあたりのことって意外に知らない人が多いでしょうね。
でも、どうなんだろうと気になっているだんなさんは多いと思います。

2012年6月 1日|

カテゴリー:妊娠中にしてはいけないこと