妊娠中の食事

妊娠中の食事

妊産婦の食事のポイントは、バランスよく栄養を摂取することです。

おなかのなかの赤ちゃんは、お母さんの体から栄養を送ってもらっています。胎児は母体からさまざまな栄養素を吸収しますから、妊娠中の女性は赤ちゃんの分まで栄養をとらなくてはならないのです。

もちろん、栄養不足はいけませんが、実は栄養過多の障害が近年では問題になっているんです。

エネルギーばかり多い必要はありません。たんぱく質や鉄分、カルシウムなど、必要な栄養素を十分に過不足なく取ることをを心がけてください。

妊娠中の妊婦の食事のポイントを以下に紹介します。

1.バランスの良い食事
妊娠の前期は、つわりがひどい人が多いので、食事は取りたくても取れないことが多いです。妊娠初期は胎児の発育もそれほど活発ではありませんから、あまり気にせず、ゆったりと気持ちをリラックスしてこの時期を乗り切りましょう。

むしろ大切なのは、後期になってからです。胎児の発達に障害が及ばないよう、過不足なくバランスの良い食事を心がけてください。

2.たんぱく質、カルシウムを十分に取る
たんぱく質とカルシウムは胎児の発達と母体の維持の両方に欠かせない栄養素です。乳製品はたんぱく質とカルシウムを同時にとることができる優良食品です。

3.塩分は控える
塩分をとりすぎるとむくみや高血圧になりやすくなります。妊娠中にかぎらず、1日10グラム以下に抑えましょう。

4.アルコールは控えめにしてください
アルコールやカフェイン入りの飲料(コーヒー、紅茶、緑茶)は、胎児の成長に良くありません。タバコは未熟児や障害をもった子供の誕生、早産の原因になります。

2012年7月15日|

カテゴリー:食事について