妊娠について勉強しました

最新情報

男の子か女の子か

先日、おなかの中の赤ちゃんの性別がわかりました。

私はまだ知らなくてもよいかなと思っておりました。とりあえず先生に聞いてきたみたいなので奥さんに聞いてみました。

男の子のようです。奥さんは女の子が欲しかったようです。

最初は男の子でよかったかなとも思いましたが、女の子もいいなと思えてきました。

本当にどちらでもかわいいと思いますので、私はどちらが良いという気持ちはありません。


2012年8月27日|

カテゴリー:日記

人工妊娠中絶について

人工妊娠中絶とは、妊娠の経過中に人工的に子宮内の胎児や胎嚢(たいのう)を取り出してしまうことを言います。

最近は医学が発達したので相当安全に行えるようになりました。しかし、母体にとって決して良いことではありません。

手術の後遺症による体調不良や、以後の妊娠において流産や子宮外妊娠にしやすくなる、細菌感染によって子宮内膜炎や卵管炎になり、不妊症になる場合も少なくありませんのでできる限り避けたいことです。

現在、日本においては人工妊娠中絶が認められるケースとして以下の理由によるものに限っています。

1.優生学的な理由
夫婦のいずれか、および夫婦の4親等以内の近親者に遺伝的な精神疾患や身体疾患がある場合。

2.医学的な理由
本人または配偶者がらい疾患にかかっている場合。

3.身体的・経済的な理由
妊婦、出産が母体の健康を著しく害する恐れがある場合。

4.倫理的な理由
暴行や望まない理由になどによって妊娠した場合。

【人工妊娠中絶の方法】
★妊娠第6週~11週・・・掻爬術(そうはじゅつ)または吸引法で子宮内容物を排出させる。
★妊娠第12週以降・・・人工的に陣痛を起こさせて早産を誘発させる方法。

※ただし、人工妊娠中絶が認められるのは、妊娠第22週未満までです。また、原則として本人および配偶者の同意が必要です。
また、最初の子供を人工妊娠中絶する場合は、特に母体への影響が大きいため、できるだけ避けるようにします。
やむをえず受ける場合も、胎児や胎盤がまだ小さい、妊娠3ヶ月初めまでとします。そして優生保護法指定医の資格を持った医師によって手術を受けるようにしましょう。

費用は病院によって異なりますが、10万円前後です。
妊娠後の経過期間によっても金額が異なります。

妊娠中絶は女性の精神的はダメージはとても大きいものです。
人によっては一生背負ってしまう大きな心の傷となってしまう方もいらっしゃいますので決して簡単には考えないでください。

2012年8月11日|

カテゴリー:妊娠

下腿痙攣がよく起こります

最近、奥さんは寝ている時に下腿痙攣(かたいけいれん)を起こします。
※ふくらはぎがつることです。 妊婦さんはよく足がつると聞いていたのですが、本当によく起こるのですね。

原因はカルシウム不足や足の血流が悪くなって起こるようです。

だんなさんは気付いたら伸ばしてあげましょう。 結構大切なことだと思いますよ。

2012年8月 9日|

カテゴリー:日記

腹帯を始めました

今日から腹帯と付け始めてました。

『トコちゃん』というやつです。

犬の日に付け始めるそうです。そんなこと初めて聞きました。
※7月24日は犬の日だそうです。

おなかが大きくなりすぎないようにすることやおなかを冷やさないためにするのですね。

2012年8月 8日|

カテゴリー:日記

妊娠届、出生届、出生証明書

妊娠届は、お母さんやこれから生まれてくる赤ちゃんの健康を保護し、赤ちゃんが無事に生まれることができるように援助してもらうために届け出るのです。

届け出を出すことによって、健康診断、保健指導、母親学級の連絡を受けることができるようになり、さまざまな保健サービスが受けられるようになります。

東京都の場合は、届出をすると、母子健康手帳がいただけて、検診の際に検査料が公費負担で受診できる券をいただくことができます。

【手続きの方法】
妊娠がわかったら、住所のある市区町村役場あるいは、地区によっては保健所に届けを出します。手続きは、各自治体によって違います。

一般的には、本人の氏名、住所、世帯主名、職業などの記入と、その他に、すでに医師の診察を受診しているのであれば、病院の名前、所在地、医師や助産婦の氏名、妊娠周数、出産予定日を記入します。これらの必要事項を記入し、押印して提出します。

【出生届と出生証明書】
出生届は、戸籍法に定められており、出産してから14日以内に提出することが義務付けられています。

もし指定期間を過ぎた場合は、簡易裁判所判事宛に『戸籍届出期間経過通知書』を提出しなければなりません。届けには、遅れた理由を書きますが、天災などの不可抗力の原因だけが正当な理由として認められますが、それ以外は3万円以下の過料が科せられますのでご注意ください。

あと、出生届には医師や助産師など出産に立ち会った方による出生証明書が必要になります。証明書は、出産した病院にも用紙があります。医師などに記入していただきます。

出生届は期限を守って提出しないと罰金のようなものがかかってしまうのですね・・。
知りませんでしたね。

2012年8月 7日|

カテゴリー:妊娠

お寿司が食べたくなる

私の奥さんは妊娠してからお寿司が良く食べたくようです。

2週間に1度ほど回転寿司へ行っています。

これまでそんなに食べなかったようなものが食べたくなったり、人それぞれ食べたくなるものが全然違うんですね。

男からすると不思議ですね。

2012年8月 7日|

カテゴリー:日記

妊娠1~2ヶ月

妊娠の期間は、最終月経の第1日目から数えて【 280日間 】とされています。

「分娩予定日」は、最終月経初日に280日をプラスした日となり、これを週数にするとちょうど40週となります。月数は、数えですので妊娠第1週目~第3週目までが1ヶ月目となり、それ以後は、1ヶ月4週間として換算されます。

このように、あくまでこうした計算は、月経周期が28日型で規則的な女性を想定した場合です。月経が不規則な女性などの場合は、分娩予定日が大幅にずれる恐れがあるため見直しが必要となります。

妊娠中の10ヶ月は、1.妊娠初期(2~4ヶ月)、2.妊娠中期(5~7ヶ月)、3.妊娠末期(8~10ヶ月)に分かれます。

◆妊娠 1ヶ月(妊娠週数:満0~3週間)
母体の変化
・特に目立った変化はありません。しかし、体が熱っぽい、だるいなどのいつもとは違った感覚があります。この時期はまだ、妊娠に気づいていない方が多いでしょう。

胎児の成長
・受精卵は6~7日目あたりに、子宮内膜に着床します。
・11~12日ごろに胎盤の元ができます。
・妊娠2~3週間ほどから、目、四肢、心臓・血管系、脳・神経系の器官が作られてきます。

◆妊娠 2ヶ月(妊娠週数:満4~7週間)
母体の変化
・子宮は、妊娠していない時はにわとりの卵くらいの大きさです。妊娠2ヶ月頃には、それよりも一回り大きく、ガチョウの卵ほどの大きさになります。妊娠の兆しや、早い人でつわりの症状が見られます。
※妊娠の兆候
・月経が止まります
・基礎体温の高温期が続きます
・乳房の様子が変化します
・つわりが始ります

胎児の成長
・身長は約2.7cm、体重は4グラムほどです。
・まだ胎芽の状態ではありますが、頭と胴、手足の区別ができてきて、人間らしくなります。
・生殖器の形成が始まります。

妊娠していることがわかる時期で本当にうれしい時期ではないでしょうか。
人に言いたくて仕方なかった思い出があります。しかし、しばらくは親に言うのも我慢していました。

2012年8月 1日|

カテゴリー:妊娠初期

妊娠3~4ヶ月

妊娠中の10ヶ月間は、

1.妊娠初期(2~4ヶ月)
2.妊娠中期(5~7ヶ月)
3.妊娠末期(8~10ヶ月)

に分かれます。

妊娠3~4ヶ月におけるお母さんや胎児の変化は以下のようです。

◆妊娠 3ヶ月(妊娠週数:満8~11週間)
【母体の変化】
・子宮は握りこぶしくらいの大きさになります。まだ外見からは、おなかがふくらんでいるとわかるほどではありません。しかし、お母さんのおなかのなかでは、子宮が大きくなるにしたがって、子宮の前にある膀胱や直腸が圧迫されます。そのため尿の回数がそれまでよりも多くなったり、腰痛や下腹痛(左右)がみられることがあります。

【胎児の成長】
・身長は7.5~9cm、体重は約20グラムになります。
・それまでお尻のところに見られていた「尾」のようなものが消えて、手足がはっきりと成長してきます。ますます人間らしい形になります。また、内臓的にも、腎臓が形成されて尿を出します。
・男女の区別がつくようになります。

◆妊娠 4ヶ月(妊娠週数:満12~15週間)
【母体の変化】
・子宮は、出産時の赤ちゃんの頭程度の大きさになります。
・外見的にはまだおなかのふくらみは目立ちませんが、骨盤のなかから子宮がせり出してくるため、おなかに手を当てるとはっきりとふくらんでいるのがわかるでしょう。

【胎児の成長】
・身長は約18cm。体重は約120グラムです。
・内臓はほとんど完成し、心臓の働きも活発です。超音波検査(超音波ドップラー法)によって、胎児の心音を外部から聞き取ることもできます。

この時期だとまだつわりが苦しいでしょうね。
そろそろ職場や友人などにも妊娠を報告しても良い時期でしょうね。

2012年7月30日|

カテゴリー:妊娠初期

妊娠5~6ヶ月

お母さんと胎児の状態は、妊娠期間中にめざましく変化していきます。どのように変化していくのかをある程度把握しておくことで、奥さんやだんなさんが不安になるのを防ぐこともできるでしょう。

妊娠中の10ヶ月は、1.妊娠初期(2~4ヶ月)、2.妊娠中期(5~7ヶ月)、3.妊娠末期(8~10ヶ月)に分かれます。

ただし、あくまでこうした計算は、月経周期が28日型で規則正しい女性を想定した場合です。月経が不規則な人などの場合は、分娩予定日が大きくずれる可能性があるため見直しが必要となります。

妊娠5ヶ月目からは、妊娠中期に入ります。
★妊娠 5ヶ月(妊娠週数:満16~19週間)
母体の変化
・子宮は、大人の頭ぐらいの大きさになります。子宮の上の部分(子宮底)は、おへそ近くまで伸びてきます。
・まだそれほど動作が辛いということはありませんが、体重は増え、外見的にもおなかのふくらみがわかるようになります。
・乳房がいちだんと大きくなります。

胎児の成長
・身長は約25cm、体重は約250~300グラムです。
・頭は鶏卵よりもやや小さい程度にまで発達します。
・毛髪や爪が生え始め、全身に柔らかい毛が生えてきます。
・手足の運動が活発になり、羊水の中を自由に動き回るようになります。

◆妊娠 6ヶ月(妊娠週数:満20~20週間)
母体の変化
・子宮底の高さがおへその位置にまで達し、下腹部のふくらみが大きくなります。お母さんの体重も増えます。
・子宮の重さが1.5kgにまでなるため、腰痛や背中の痛みが出ることがあります。
・乳頭が敏感になり、しぼると薄いお乳(初乳)がにじみ出ることがあります。

胎児の成長
・身長は約30cm、体重は約600~700グラムです。
・赤ちゃんの体が一気に成長し、骨格もしっかりしてきます。
・皮膚が厚くなり、胎脂という脂肪が体の表面にできます。
・眉毛、まつげができ、顔の形がはっきりと形成されてきます。

この頃はつわりもなく比較的体調が良い時期ですね。
私の奥さんも5ヶ月頃にはおなかが妊婦らしくなってきましたね。

2012年7月26日|

カテゴリー:妊娠中期

妊娠7~8ヶ月

妊娠中の10ヶ月間は、

1.妊娠初期(2~4ヶ月)
2.妊娠中期(5~7ヶ月)、
3.妊娠末期【後期】(8~10ヶ月)

に分かれます。

妊娠7ヶ月は妊娠中期、妊娠8ヶ月になるといよいよ妊娠末期です。

★妊娠 7ヶ月(妊娠週数:満24~27週間)

母体の変化
・子宮底(子宮の上の部分)の高さは、おへその上2~4cm程度に達します。
・下腹部だけでなく、おなかの上のほうまでふくらみが目立つようになり、おなかと背中、両方に痛みを感じることがあります。
・腹部に手を当てると、あかちゃんの頭の位置がわかります。

胎児の成長
・身長は約35cm、体重は約1000~1200グラムになります。
・全身は、柔らかな産毛でおおわれます。
・皮膚は、暗めの赤色をしています。
・皮下脂肪があまりないので顔はまだしわしわですが、動きは活発で羊水の中で活発に動きます。

★妊娠 8ヶ月(妊娠週数:満28~31週間)

母体の変化
・子宮底(子宮の上の部分)の高さは、へそとみぞおちの中間にまでなります。そのため、大きく成長した子宮が肺や胃を圧迫して苦しくなり、食事は一度に大量に食べられなくなります。
・常に何か、食べ物が胸につかえたような感じに悩まされます。
・おなかの妊娠線が目立つようになります。
・乳首のまわりが黒ずんできます。

胎児の成長
・身長は約40cm、体重は約1500~1800グラムになります。
・全身をおおっていた柔らかな毛(産毛)が少しずつ減ってきます。
・胃腸、肺、腎臓などの働きはまだまだ未熟ですが、筋肉や神経の発達が著しく、動きがより力強くなります。

2012年7月22日|

カテゴリー:妊娠中期